仮想通貨のマイニングにまつわるサービスまとめ

仮想通貨をマイニングしたいと考えたとき、サービスにはどのようなものがあるのでしょうか。少し前までは、ビットコインや仮想通貨といえば、サービスも整っておらず、何もかも海外サイトから自力で情報収集する必要がありました。しかし、ビットコインが盛り上がったことから、今では各種サービスも増えています。今回は、仮想通貨の特にマイニングにまつわるサービスを集めてみました。

 

 

クラウドマイニングは初心者におすすめ

 

最初におすすめしたいサービスがクラウドマイニングです。クラウドマイニングはクラウド上でお金を集めて、みなの予算で実際に業者がマイニングし、ハッシュパワーをわけあって、報酬を分配する形です。クラウド上でマイニングはできませんから、業者が集めた資金で実機を購入し、クラウド上で分配金をシェアしていくものです。

 

利用者側のメリットとしては、電気代も不要、そして自分でASICマシンを準備しなくていいので、手間も何もかからずに、すぐにマイニングのメリットを享受できるという点です。ただし、掛け捨てるタイプですので注意が必要となります。つまり、投資した分はすべて先方の会社の持ち分となりますので、リターンはもらった仮想通貨だけになります。

 

手にしたコインが値上がりをするかどうか、しっかり行く末を確認していく必要があります。また、コインの値上がり益がクラウドマイニング参加者の期待利益ですので、どのコインを手にするかという問題もあります。基本的にマイニングの税金は、マイニングに成功した瞬間に課税対象となり、同時に仮想通貨を売却して別のコインにしたときも、課税対象となるのです。

 

よって、たとえばZcashをクラウドマイニングして、やっぱりビットコインで持っておこうということになったら、Zcashのマイニング成功時と、売却してビットコインになったタイミングでも所得税がかかりますので、要注意です。

 

GMOもクラウドマイニングを実施

 

あのインターネットサービス大手のGMOも、クラウドマイニングサービスを実施しています。GMOは、仮想通貨取引所もGMOコインとして参入し、トレードを行う場を提供すると同時に、マイニング施設を北欧に設置し、大規模にマイニングサービスを展開しています。

 

一般のマイニングサービス事業者と違って、GMOは金融庁から認可された取引所ですので、かなり安心度は高いといえるでしょう。金融庁は、あくまで仮想通貨交換事業に対してお墨付きを与えただけで、GMOのクラウドマイニングサービスのほうまで認可したわけではありませんが、GMOコインだけでなく、GMOクラウドマイニングまで問題が起きれば、GMOコインの信頼性も揺らぎますから、払い出しはしっかりしてくれています。

 

日本企業でのクラウドマイニングサービスは非常に珍しく、貴重です。日本は家賃が高いのと電力が安定している代わりに電気代も割高です。よって、なかなか日本ではクラウドマイニングのサービスが実現しません。

 

しかし、GMOのマイニング施設は北欧にあるとの話ですから、コストを抑えてさらには寒く、電気代も控えめで人件費も安く実現できているのです。マイニングの管理は現地で行い、払い出しと資金集めをクラウド上で展開し、日本のGMOがサービスを行うという形は、クラウドマイニングサービスにおいて、もっとも信頼できる形ではないでしょうか。

 

大手の海外系クラウドマイニングサービスは?

 

では、GMOが日本だとして、海外のクラウドマイニングサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、Genesis Mining(ジェネシスマイニング)、HashFlare(ハッシュフレア)が挙げられます。非常に有名なサービスで、日本語も受け付けているのが嬉しいところです。少し安心できますね。

 

ただし、海外企業なので、どこまで信頼できるかという問題はあります。ジェネシスマイニングにしても、ハッシュフレアにしても、知名度があって利用者も多いですので、安心してしまいがちになりますが、ビットクラブのように払い出しが停止してしまう可能性は十分あります。

 

とくに、仮想通貨の相場がアップダウンし、アップしたときはいいのですが、ダウンしたときにマイニングそのものはできるものの、なかなか相場が厳しくてマイニングの損益がペイしないということは十分考えられます。

 

よって、海外のマイニングサービスは、そのあたり突然サービスが停止してしまうリスクはあるのです。それは何も悪意があって持ち逃げしようとしているわけではなく、仮想通貨の相場が冷え込んで、どうしてもかけたハッシュパワーに見合うビットコインが得られないということが挙げられます。

 

まとめ

 

マイニングサービスについてみてきました。安全を期すため、国内のGMOがいいのではないかと思われますが、リスク織り込み済みで海外サービスを使うという手もあります。昨今はいろいろなサービスが増えましたので、チェックしてみてはいかがでしょうか。