Innosilicon A9の評判は?実機を持っている人の評価

Innosilicon A9は、今人気のマイニングASIC機種です。そもそも、Innosilicon=イノシリコンそのものが、仮想通貨のマイニングをするための登場したメーカーです。中国と北米を中心に展開し、マイニングマシンを販売しています。

 

ASICとは集積回路のことで、マイニングをするにはこのASICが欠かせません。その専用機のひとつであるInnosilicon A9の評判はどのようなものでしょうか?数限られた情報から、わかりやすく説明します。

 

 

Innosilicon って?

 

Innosilicon A9は仮想通貨をマイニングできますが、主にZcash(ZEC)のマイニングに使用します。Innosilicon A9は入手困難だといわれていますが、ごくまれにヤフオクなどにも出回ることがあります。

 

Innosilicon は、実のところ、偽サイトが非常に多いメーカーとなっています。公式サイトでも、「偽物に注意」と書いてありますし、なんと偽物のサイトには、公式にリンクをはって「こちらは偽物」と記載されているので信用なりません。

 

30万円以上のお金を、ネット通販で国際送金するという関係上、詐欺が非常に多くなっていて、なかなか信用できるベンダー(Trusted vender)かどうかがわからないのです。

 

Innosilicon A9は、イノシリコンの公式サイトから購入するのが理想です。しかし、在庫切れになっているケースも多いのです。なにせハイスペックなASICですから、製造して組み立てるのにも開発費、研究費、原材料費、組立費、販売コストがかかっていますし、次々売れていくようなものでもありませんから、製造には慎重になっているものと考えられます。

 

Innosiliconは日本市場も注目

 

日本人もInnosiliconに対して熱い視線を送っていますが、Innosiliconの側も、日本市場を魅力的だと感じているようです。現に、Innosilicon A9を始めとした、新商品のレビューを日本で行っています。

 

とても将来的に希望が持てるメーカーであり、意欲的に日本市場とも向き合おうとしていますので、将来は日本人の第一選択ASICになるかもしれませんね。

 

Innosilicon A9の評判は?

 

では、Innosilicon A9の、他者のレビューや評判が気になる方のために、実際にInnosilicon A9を購入した方のレビュー動画をみていきましょう。

 

今日はInnosilicon A9をレビューするよ

 

Innosilicon A9は、50,000solsを620ワットでマイニングする能力があるんだ。

Z9 miniが10,000solsを300ワットでマイニングするから、処理能力はなんと2倍。

 

Zcashを計算できるサイトで確認しよう。

ほら、実際に50,000solsを620ワットでマイニングできているよね。

これはかなり生産性が高いと思うんだ。

 

しかしレイビンコイン(Raven Coin:RVN)にみんな移ってしまうのを心配しているのは事実なんだよね。

先日も、25%ドロップしたばかりなんだ。

 

という感じです。

ガッチリレビューしている人は、海外には多く見受けられます。

 

他のInnosilicon A9の評判は?

 

では、ほかのInnosilicon A9 のレビューをみていきましょう。

 

音がうるさい

 

そもそも、Innosilicon そのものが、品質とサポートの面であまりクオリティが高いとはいえないので、最新機種に食指が動かないのは事実なんだよね

 

優秀なマシンだと思う。マイニングが可能となった通貨の総量をみると、とても優れたマシンがInnosilicon A9。ただ、本体価格高すぎて手が出ないし、コスパが悪い。いや、コスパがいいのか悪いのかすら、わからないんだ。

 

といった評価が見つかりました。

マイニング愛好家の素直な感想といったところではないでしょうか。

 

Innosilicon A9は高い?

 

では、Innosilicon A9の価格についての評判をみていきましょう。

Innosilicon A9 ZMasterの価格は、中古で30万円~46万円といったところです。オークション統計サイトのaucfanによるデータで、新品は110万円となります。

 

そして、「やや高い」という評判・口コミがちらほらみられました。

Innosilicon A9は、直接香港のサイトから購入すると、定価で買えますが、品切れを起こしていることも多く、なかなか入手困難です。

 

ただし、他の代理店を経由すると、その分仲介フィーが乗っかって高くなるという懸念も否めないのは事実です。それでも、ASICマシンを手に入れないことにはマイニングができませんので、代理店で買う形になります。

 

海外代理店から買う方法もありますが、前述のように詐欺サイトも多く、リスキーです。少し高くなっても、保険だと思って国内の代理店から買うのが安全ではないでしょうか。

 

Innosilicon A9では何の仮想通貨がマイニングできる?

 

そして紹介が送れましたが、Innosilicon A9でマイニングできるものは、Equihashと呼ばれるアルゴリズム。

そのEquihashは、以下の仮想通貨に対応しています。

 

Zcash

Zoin

Zclassic

Bitcoin Gold

Komodo

 

です。Zcash(ZEC)が代表的ですね。

ビットコインからハードフォークで生まれたビットコインゴールド(BTG)も同じアルゴリズムを使っています。

 

まとめ

 

今回は、Innosilicon A9の評判についてみてきました。Zcashをガリガリ掘りましょう!ちょっと高いのでためらうかもしれませんが、クリプテック編集部では良質な情報を提供し、みなさんのマイニングマシンの選定において、お役に立てるよう尽力してまいります。

 

他にも、Antminerの評判やDayunの評判もご紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。