ビットコインのマイニングを副業で行う際の注意点

何か割の良い副業はないかなと思うとき。どんなことが考えられるでしょうか。コンビニやファストフードでバイトするのも労働集約型ですし、じゃあパソコンで内職といっても、誰でも出来るライターやブロガーといった仕事は競争が激化しています。

 

では、そこそこ知識が必要で、すなわち参入障壁が高い副業で、さらにちょっと怪しい副業はいかがでしょうか。世間が怪しいと思っているからこそ、ポテンシャルがあるのです。世間が「いいじゃない、やってみたら?」というような仕事はすでに飽和状態なので、理解されないことこそが、次のトレンドを作るのではないでしょうか。

 

マイニングをがっちり行うには?

 

ビットコイントレードが大きく注目を集めた2017年から2018年にかけて。マイニングも密かに注目を集めています。ビットコインの価格は大きく上下しますが、マイニングの難易度もまた、上がったり下がったりを繰り返しています。

 

マイニングとは、専用の集積回路を使って、ビットコイン他各種仮想通貨のブロックチェーンの承認計算を行うものです。大きなマシンパワーを必要とします。その理由は、ブロックチェーン計算が複雑なものだからです。

 

10分に1度、新規ブロックが作成されますが、それだけ計算は複雑で、多くのマシンが一同に介しても、なかなか計算を終えることができないぐらい大変なものです。

 

それらにともなって、マシンからの排熱もすさまじく、同時に電気代もとてつもなくかかります。一台のマシンを24時間365日体制で可動するだけで、月8万円という試算もでています。そして、それだけのマシンを投入しても、マイニングの計算に成功しなければ新規のブロックチェーンを得ることはできませんので、マシンも購入することとなります。

 

1台十万円以上するASICマシンと、マシンそのものの電気代と、排熱を抑えるためのエアコンの冷房代、そしてマシンは音もすごいですから、ある程度の場所が必要なのでその場所代と、本格的にマイニングをするのであれば、かなり本腰入れてやらなければなりません。

 

副業でマイニングするにはクラウドマイニングがおすすめ

 

では、副業レベルでプチマイニングはできないのでしょうか?副業マイニングは、マシンの面倒をみて、アルゴリズムを設定して、というふうにはなかなかいかないことだろうと思います。そこで、副業としておすすめなのが、クラウドマイニングです。

 

クラウドマイニングとは、クラウド上でマイナーを集めて、業者が実機を手配してマイニングし、その結果をクラウド上で分配するという形です。分配といっても、集めた仮想通貨をさらに配分していると、税金面や法律面の壁が立ちはだかりますから、直接ウォレットに払い出される形となります。

 

仮想通貨は税制が複雑なので、お金を集めて分配すると法律に引っかかるのです。しかし、クラウドマイニングなら、手数料を納める代わりに、ウォレットへダイレクトに払い出されますから、取りはぐれることもありません。

 

副業マイニングは税金に注意

 

マイニングは、計算に成功しウォレットへ仮想通貨が払い出された時点で課税対象となります。つまり、稼いだビットコインを隠すことはできず、むしろ勝手に課税されると考えたほうがいいぐらい、厳密に管理されています。

 

そのため、副業マイニングの際は、こうした税の話に鈍感になりがちです。会社が税金周りをすべて面倒見てくれるので、自分は何もすることがありません。しかし副業でマイニングしたら、ウォレットに払い出された時点で、税務署には把握されてしまいますので、確定申告する必要があります。

 

マイニング収益は雑所得

 

そしてマイニングの収益は雑所得となります。これは、さんざん議論され尽くした結果、国税庁が出した判断です。よって、本業との損益通算ができませんので、本業でプラスになったので、マイニングのマイナスと相殺して、とか、マイニングでプラスになったので、事業の赤字と相殺して、というふうなことはできません。

 

ただし、マイニングでウォレットに払い出された時点で課税対象、そして、ビットコイン払ができるお店に行って支払った時点で、さらに課税されてしまいますので、二重払いになるリスクがありますので注意してください。

 

まとめ

 

副業でマイニングするのであれば、クラウドマイニングがおすすめです。クラウドマイニングなら、副業にぴったりのクラウド上に集まった人達による協力的なマイニングです。投資したお金に応じてハッシュパワーが分配され、その分だけ収益があがる仕組みとなっています。

 

こうして、クラウドマイニングなら、時間も予算も限られた中で、効率よくビットコインをマイニングしていくのに最適です。もしそれで軌道に乗りそうなら、本格的に収益化を展開しても構わないわけです。まずは本業に支障がない範囲で、リスク管理しつつマイニングしましょう。