PoS(プルーフオブステークス)とマイニング方法

仮想通貨の承認アルゴリズムは、仮想通貨によって異なります。例えば、ビットコインやライトコインであればPoW(プルーフオブワーク)、DASHやNEOはPoS(プルーフオブステークス)に分類され、承認アルゴリズムは通貨の仕様変更などがなければ大きく変更することはありません。

 

そして、マイニングはデータ処理を行い、新しい通貨を発生させることを指します。仮想通貨は、通貨毎にデータ処理方式が異なるため、マイニングによる報酬の発生方法も異なっています。ここでは、代表的な承認アルゴリズムの1つであるPoSのマイニングについて焦点を当てていきましょう。

 

マイニングにおけるPosとは

 

PoSは、現状の仮想通貨の保有量が多ければ多いほど、取引の承認権が得られやすくなるという承認アルゴリズムです。ウォレットなどを指定されたうえで、規定の保有量を保有していれば取引承認者となることが可能であるため、通貨の保有量以外では他者と競合することがありません。

 

また、PoSは、マイニングに対して2つの判定方法を用いています。通貨の保有量のみを判定する方法と、通貨保有量に加え、通貨を保持している期間までを対象にした方法に分かれています。

 

どちらにしても保有量を基準とするのは、変わらないものの、コイン保有期間を更に加味することによってより、マイニング承認者として選択されやすくなりなります。ちなみに、コイン保有期間の事をコインエイジと呼び、マイニング承認者に選ばれる度にコインエイジはリセットされる為、PoSによるマイニング承認者の選定基準ではあるものの、あまり気にする必要はありません。

 

PoSとPowの違い

 

PoS は、マイニング承認者となる為には、一定の通貨保有量が必要であり、マイニングを行うにあたってハードウェアウォレットなどが必要となることもあります。しかし、PoWのような演算能力による競争は必要なく、保持しているだけでマイニング承認者になれるチャンスがいつでもあります。

 

また、PoSではコインエイジを加味しても、仮想通貨の保有量がマイニング承認者の基準となる為、大量に仮想通貨を保有しているマイナーがマイニング承認者に選択されやすいのもPoSの大きな特徴です。

 

対して、PoWは、マイニング承認者になるためには、機器の演算能力が必要となったうえで、競争に勝利しなければなりません。マイニング方式によっても大きく負担は異なるものの、PoWはどのような方式であっても競争に勝つことでしかマイニング報酬を得ることが出来ないと言えるでしょう。

 

PoSは、演算能力の高さは必要ないものの、専用のハードウェアウォレットを購入したうえで、大量の仮想通貨を保有するなどの条件を満たさなければ、マイニング報酬は発生しません。つまり、条件を満たして仮想通貨を保有することによってマイニングを行うことが可能な承認アルゴリズムです。

 

PoWは、仮想通貨の保有量は一切考慮せず、純粋に演算能力による競争に勝てば、マイニング報酬が得ることができます。しかし、マイニング報酬を得る為にコストが掛かっても回収できるとは限らず、選択するマイニング方法によっては高額な初期費用と電気代が必要となることもあります。

 

承認アルゴリズムとしてPoSとPoWは、マイニング承認者の選定方法から、必要とする機器も異なります。その為、どちらのマイニング方法が自分に向いているかで、マイニングする仮想通貨を選択しましょう。

 

PoSのメリット

PoSのメリットは、仮想通貨と指定されるウォレットを用意することで誰でもマイニング承認者になれる点です。また、無駄なエネルギーや金銭的な負担が少なくブロックチェーンシステムに負担を掛けにくいこともメリットの1つと言えます。

 

加えて言えば、大量に仮想通貨を保有し続けることでマイニング承認者に選択されやすくなり、ネットワークに繋ぎながら放置しておくことでマイニング報酬を得ることが可能です。

 

PoSのデメリット

PoSのデメリットは、マイニング承認者がどうしても仮想通貨を多く保有している方に偏りがちな点にあります。PoSでは条件さえ満たしていれば、仮想通貨を保有しているだけでマイニング承認者になれる可能性があるものの、通貨の保有量が多ければ多いユーザーほどマイニング承認者になりやすく、報酬の偏りは避けられません。

 

また、コインエイジを加味しても仮想通貨を大量に保持していれば、マイニング承認者として選択されやすくなることから、市場に対する流動性が失われるというデメリットもあります。

 

まとめ

PoSは、仮想通貨を保有したうえでハードウェアウォレットに保管するなどの条件を満たせば、誰でもマイニング承認者になれる可能性のある承認アルゴリズムです。しかし、マイニング承認者の選定基準として、仮想通貨の保有量の多さと保有期間が重要になってくることには注意が必要と言えるでしょう。

 

PoSであれば、比較的コストを掛けなくてもマイニング承認者になることもある為、承認アルゴリズムをチェックしたうえでマイニングを行っていきましょう。